Skip to content

ARC レスキューリンク 400

EV船販売株式会社・協力企業

PLB(個人向け衛星救難信号発信機)

PLB(Personal Locator Beacon)とは?
ヨット・ボートなど海で遊ぶ時、避けたいことの1つが「落水」です。1人で乗っている場合などでは致命的となり、複数人で乗っていても、落水者を発見・救護するのは非常に難しいのが現実です。
こんな時にライフジャケット共に命を救うツールとして登場したのがPLB(携帯用位置指示無線標識)なのです。
PLBの仕組み
基本的な仕組みは、船舶が遭難信号を発信する装置のイーパブと同じで、個人が携帯できるよう小型ツール化されています。信号発信から救助までは以下の流れ。

遭難者がPLBから信号(406MHz)を発信
コンパス・サーサット衛星が信号をキャッチし、地上の受信局へ送信
受信局から捜索救助機関(日本の場合海上保安庁)に情報が送られ捜索開始
PLBから出ている121.5MHzのビーコン信号を頼りにピンポイントで遭難者を救護